前へ
次へ

お正月に食べる料理をいただこう

日本のお正月は、1年の始まりの1月1日のことをいい、家族一同でおせちやおもちを食べる風習があります。
また、地域住民で集まりもちつきをして食べるなどの集まりを行うこともあります。
神社で芸能人たちによるもち撒きを行うこともあります。
神社には元旦の初詣でをしようと多くの参列者で込み合います。
お正月に食べるおせちは、紅白かまぼこ、昆布巻き、伊達巻、栗きんとん、黒豆、えびやかになどの豊富な種類の料理を食べます。
めでたいという言葉に合わせて、鯛を食べることもあり、特に紅白の赤に合わせて赤い鯛が使われます。
またおもちは、あんこもち、くるみもち、きな粉もち、納豆もちなどがあり、地域により種類、料理方法などが異なります。
年越し前には、年越しそばを食べる風習があり、年越しそばを食べようという人がそばやに行き多くの人で込み合います。
お正月だけに食べる限定料理もありますので、家族や親戚などで集まり新年会を開いてお祝いすると良いでしょう。

Page Top