前へ
次へ

ほうれん草をおいしく食べる方法

ほうれん草はおひたしにして食べる人が非常に多いです。
簡単に作ることができるが魅力とされていま

more

お正月に食べる料理をいただこう

日本のお正月は、1年の始まりの1月1日のことをいい、家族一同でおせちやおもちを食べる風習があります。

more

食と私たちの健康にはどんな関係があるか

食と健康の関係性を考えるに当たって是非とも考慮したい一つの点は、食事をする時間や回数、つまり規則正し

more

ほうれん草や小松菜は保存が難しい

ほうれん草や小松菜は、緑黄色野菜の王者とも呼ばれています。
ビタミンとミネラルが豊富なので、毎日食べるべき野菜です。
ただ、両方とも保存が難しく、気づいたら傷んでいたと言うことも珍しくありません。
買ってきてそのまま冷蔵庫に入れるのではなく、下茹でしてから保存するようにしましょう。
茹でる前に30分から1時間程度根元を下にして冷水に浸けておくと、しゃきっとするのでひと手間かけたいです。
茹でるときは塩を入れた方がいいのかどうかで悩む人も多いですが、入れる必要はありません。
大きな鍋に湯を沸騰させ、根元から入れて再び沸騰したら引き上げます。
アクが気になるでしょうが、冷水にさらしてから絞り、余分な水気を切ればアクは取れるので心配は不要です。
茹ですぎると栄養も失われてしまいますし、風味も落ちるので注意しましょう。
また、茹でるのではなく干すのもおすすめです。
干すと格段に甘みがアップし、味もグッと濃くなります。

飲みやすい青汁をお探しの方はこちら

ご飯のお供にピッタリ!大阪の昆布商品はコチラ

大阪市淀川区にあるパン教室 キャトルクール

ご飯を温かいまま宅配してくれる大阪の弁当店
大阪船場弁当では専用の保温容器にてお届けしております

信州で作った本格生味噌

Page Top